前へ
次へ

喧嘩できる相手がいるのが真の幸せ

ひとつの幸せな家族の形があって、その子が子供を生み、子が孫を生む、私たちがこの世に生まれてくるまでには数え切れないほどの幸せな夫婦(家族)の絆があります。
結婚アドバイザーいわく、家族とは世界に平和を伝える見本だといいます。
それぞれの家族が仲良く暮らすことが、結果論、世界平和に繋がるのです。
そのかけがえのない絆を自分に置き換えて紡いでいってほしい、そうしたアドバイスを婚活中の男女には助言するようです。
今も、授かり婚というように低年齢で結婚する夫婦がいます。
低年齢だから否定するワケではありません。
これから出会う子供のことも大事に大切にしてくれるのか、愛を育むことを優先してから結論を出しましょう。
運命の赤い糸はきっかけでしかありません。
育む、紡ぐのは2人でしかありませんから、互いを思いやることができるのか、お付き合いの段階から考えてみましょう。
夫婦喧嘩は何とやらというように、愛があるから口喧嘩もできるのです。
相手がいることは幸せなことです。

Page Top