前へ
次へ

結納式を行うのかどうかを決めておく

結婚を決めたら後は結婚式の日取りを決めればいいと考えるかもしれません。
しかししきたりを重視する親に話をすると結納はいつにするか聞かれるでしょう。
結納は何で何のために行うのか知らない人もいるはずです。
まずは両親に話をして結納が必要かどうかを確認しなければいけません。
昔の習慣としては結納はある程度行われる儀式で、それにより婚約が正式に成立したことを意味します。
もちろん法律上婚姻届けを出していないので相続の権利などは発生しませんが、勝手に婚約を破棄するとなると損害賠償が発生するときもあります。
結納をしたかどうかは非常に大事なことと言えそうです。
ただ今の習慣として結納はあまり行うケースが少なく、省略しても特に問題はありません。
本人同士よりも親に確認し、双方の親が省略してもいいと言っているのであれば省略する方向で話を勧めると良いでしょう。
結納時には一定の大きなお金が動くことにもなり準備も必要になります。

Page Top